1.CentOS 8 インストール

 PC HDDの空いている場所に CentOS 8 (1905) をインストールして見ました。
CenOS は 8 にアップグレードされており、ダウンロードしたサイズは 6.64 GB
と通常のDVD (4.7GB)には収まらない大きさとなってしまった。
 今回はUSBメモリ―に rufus を利用してUSBメモリを起動ドライブにし、そこに
CentOS-8-x86_64-1905-dvd1.iso を書き込み、起動デバイスにして
インストールすることにした。(PCのBIOS の変更が必要かもしれません。)

CentOS 8 は
 ・ワークステーション とし、
追加ソフトは
 ・グラフィカル管理ツール、
 ・システムツール
にチェックをつけてインストールした。


CentOS8 にはすでに Bison, Git, Ruby がインストールされているので
(なければコンパイルできないのでインストールしてください。)

Git を利用して mruby のソースをPCに取り込みコンパイルするだけです。
(何かひっかるかと思いきや、スンナリ進みチョット拍子ぬけ!!!!)


2.mruby のダウンロード


mruby 用ディレクリーを作成し mruby のソースをダウンロードする。

[root@localhost mruby]# git clone https://github.com/mruby/mruby.git Cloning into 'mruby'... remote: Enumerating objects: 58, done. remote: Counting objects: 100% (58/58), done. remote: Compressing objects: 100% (47/47), done. remote: Total 52527 (delta 20), reused 30 (delta 11), pack-reused 52469 Receiving objects: 100% (52527/52527), 12.79 MiB | 384.00 KiB/s, done. Resolving deltas: 100% (32804/32804), done.

ダウンロードしたファイル群
[root@localhost mruby]# cd mruby
[root@localhost mruby]# ls
AUTHORS          Makefile   appveyor.yml        examples  mrblib                test
CONTRIBUTING.md  NEWS       appveyor_config.rb  include   mruby-source.gemspec  travis_config.rb
Doxyfile         README.md  benchmark           lib       oss-fuzz
LEGAL            Rakefile   build_config.rb     minirake  src
LICENSE          TODO       doc                 mrbgems   tasks


3.コンパイル

この中に minirake がありますので実行すると bin ディレクトリが作成され
その中に mruby が作成されています。

[root@localhost mruby]# ./minirake



4.コンパイル結果



[white@localhost bin]$ ls -al
合計 17848
drwxr-xr-x.  2 root root      74 11月 16 21:11 .
drwxr-xr-x. 16 root root    4096 11月 16 21:11 ..
-rwxr-xr-x.  1 root root 4227712 11月 16 21:11 mirb
-rwxr-xr-x.  1 root root 3172608 11月 16 21:11 mrbc
-rwxr-xr-x.  1 root root 2372448 11月 16 21:11 mrdb
-rwxr-xr-x.  1 root root 4216000 11月 16 21:11 mruby
-rwxr-xr-x.  1 root root 4271784 11月 16 21:11 mruby-strip
[white@localhost bin]$ ./mruby -versionn
mruby 2.0.1 (2019-04-04)

Home